特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは、要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、

食事・入浴・排泄等の介護、日常生活上必要な援助、健康管理および

療養上の援助を行う施設サービスです。

「家」のように安心して暮らせる、365日24時間の安心

介護が必要になっても、自宅に住み、地域のなかで不安のない生活を送りたいという思いは誰もが願うところです。しかし、さまざまなご事情から住み慣れた自宅を離れ、施設での暮らしを余儀なくされる高齢者の方々がみえます。

少人数(10人以下)のご利用者様をいつもと同じ顔ぶれの職員がケアさせていただく「ユニットケア」を導入しております。

より家庭的な雰囲気作り、より身近な職員との関係、できるだけご利用者様自身(個人)の生活を尊重したケアが特徴となります。

私たちは、施設に入居された方に対し、お一人おひとりの生活習慣や好みを尊重し、可能な限りそれまでと変わらない生活を続け、最期までその人らしい人生を送ることができるよう支援いたします。


自分らしい時間の過ごし方。自分の住まいと思えるような環境づくり

全室完全個室。

個性や生活のリズムを尊重し、それぞれのお部屋にトイレも設け、プライバシーに配慮した造りになっております。

日中、暮らしの中心となるリビングにはソファやテーブルを置き、ソファでゆっくりテレビを観たり、同じユニットの方や、職員と談笑したり、自由に過ごしていただける「くつろぎの場」を提供します。

ご飯を炊き、簡単な調理や盛りつけ、洗い物を行うキッチンがあり、ご飯のにおいが漂い、食器や茶わんを洗う音が聞こえ、生活感を出しながら仕事をしている職員の姿を眺めることが可能な環境づくり。

一人で過ごせる場、仲の良い方と過ごす場などを整えることも大切にしています。


食事は「適温」で・・・

温かいものは温かく、はもちろんの事、ご利用者様ができるだけ美味しい状態で食べていただけるよう、そして、できるだけ楽しく食べていただくように施設職員全員で、心掛けております。


入浴は心地よい時間

一般浴槽だけでなく「機械浴槽」も完備しております。要介護度が重度になられたご利用者様にも、安全に入浴していただけます。入浴には気持ちのリフレッシュ・血行改善などの効果が期待できます。


上で紹介させていただいた結果・・・暮らしをつくる

今まで、ご紹介させていただいたことを職員一同、心掛けております。

 

 お一人おひとりに合わせた起床・就寝

 お一人おひとりに合わせた食事

 お一人おひとりに合わせ、尊厳に配慮した排泄

 お一人おひとりに合わせた、安心・安全な入浴

 お一人おひとりの趣味趣向、生活習慣に合わせた支援

 

暮らしを続ける中でご家族や地域とのかかわりも大切にさせていただきます。


ご利用いただける施設